お米のみうら

カートの中を見る






特別栽培米の栽培基準
食感で選ぶ
食べ方で選ぶ
栽培方法で選ぶ
品種で選ぶ
産地で選ぶ


RSS
ATOM

【店休日】:水曜日
(年始・GW・お盆)
【営業時間】
9:00〜19:00
(日・祝日も配達します)

お米のみうら創業から今まで

初代から使用している机。引き出しなど擦り減っていますが、今でも店頭で活躍しています。

昭和30年代から使用している台秤。まだまだ使えます。

原料が俵や麻袋だった時に使用された「手かぎ」。今では紙袋がほとんどで、出番はなくなりました。

  • 大正2年頃 初代 三浦辰平が静岡市新通の米問屋「野田屋」へ丁稚奉公する
  • 昭和3年頃 辰平が野田屋から独立。米の仲卸業を一人で始める
  • 昭和12年頃 宮本町(現在とは違う場所)で米の小売を始める
  • 昭和14年頃 食糧統制が始まり、配給所となる
  • 昭和20年 静岡空襲で、家が全焼
  • 昭和24年 二代目 三浦顕一 食糧配給公団に勤務
  • 昭和29年 公団の民営化が徐々に始まり、宮本町の現在の地で米屋をはじめる(創業)
  • 昭和50年 法人化し、有限会社三浦商店となる
  • 昭和54年 新潟県三和村との交流が始まる。
  • 昭和63年 仲間の米屋4軒と協同で、山形県鮭川村で有機肥料を使った米を契約して販売開始
  • 平成元年 店舗改築
  • 平成2年 新潟三和の有機米(現在の特別栽培米)販売開始
  • 平成5年 静岡あさば有機農法米(同上)販売開始
  • 平成8年 秋田県仙北郡 神代(じんだい)有機米(同上)販売開始
  • 平成8年 あさば田植えツアー開催
  • 平成9年 3代目 三浦寛 入社
  • 平成10年 茨城県東町ミルキークイーン販売開始
  • 平成12年 三代目 三浦寛 代表取締役就任
  • 平成18年 HP開設